言葉をさがして

thollyhock.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2005年 08月 20日

僕のなかの壊れていない部分 白石一文

2002年8月 光文社刊

生きることの意味を問うことは無意味なのかもしれません。
この世の中には色んな人がいて、何が正しくて何が間違っているか、と考えることも間違いなんだと思ういました。人を認めることは難しいし、またその必要もないのでしょう。まして、自分を理解して欲しいと望むこともおかしなこと。全て、ただそこにあるだけなのですから。



雷太もほのかも、死とのつながりのなかに自らの幸福を求めようとしているのだろう。そして、それ自体はきっと正しいことなのだ。何よりも、誰よりも、それは正しいのだ。何のために生きるかも、自分がどうなっていくのかも、実はどうでもいいことなのかもしれない。人はただ死ぬために生き、やがてこの肉体は燃えて灰となるだけなのだから。
[PR]

by t_hollyhock | 2005-08-20 19:44 | その他
2005年 08月 20日

ぼくは勉強ができない 山田詠美

自分らしく生きたいと思えば、それがじぶんらしくいよういう演技を自分にさせているんだという気がしました。自分を自分として受け止めたいと思いました。



幸福に育って来た者は、何故、不幸を気取りたがるのだろうか。
不幸と比較しなくては、自分の幸福が確認出来ないなんて、
本当は見る目がないんじゃないのか。

ほらほら、悲しみは、おなかをいっぱいにしないわよ。
つまらないことで悩んでいると、ハンサムじゃなくなっちゃうから。

人が人を無責任な立場から裁くことなんて出来ないよ。
すべてに、丸をつけよ。とりあえずは、そこから始めるのだ。

石鹸の香織を漂わせようと目論む女より、
自分の好みの強い香水をつけている女の人の方が好きなんだ。

自然体ってう演技しているわよ。
自由をよしとしているのなんて、本当は自由ではないから。

皮剥き器で野菜を削った時のように、
ぼくのおかしな自意識も削り取ることが出来れば良いのに。

皮を剥いても剥いても野菜じゃ仕様がないわよ。
その内、人の視線を綺麗に受け止めることが出来る時期がきっと来る。
その時に、皮を剥く必要のない自分を知れれば素敵よ。
[PR]

by t_hollyhock | 2005-08-20 18:54 | 山田詠美
2005年 08月 20日

24.7 山田詠美

1992年3月 角川書店刊

1日に24時間、1週間に7日間。あなたと一緒にいたい24.7

人を想うことの素晴らしさをかみ締めました。




太陽があり、星があり、花が咲き、風はいつも思いやり深い。
そのこと以外に何が必要なんです。

品の良い人々はスタイルを持つ人間を決して見下したりはしないものだ。
背筋を伸ばした人間は嫌な目には遭わない。

私たちが相手を大切にするのは、むしろ、相手が自分の一部だと想っているからなのだ。自分の小指を誰もが大切に想うように、そして、誰もがその存在を忘れているように、私たちは愛し合っている。すると、小指の効用は想わぬ時に現れる。

人が人に対して出来ることって想っているより多くないと思う。自分が何かしてあげられるって思うのは、自分に対する過大評価なんじゃないかしら。あなたがしたいようにすることが、結局彼を喜ばせることになるのよ。

好きで入る気持をもらっているから、それだけで充分なのよ。
[PR]

by t_hollyhock | 2005-08-20 18:44 | 山田詠美
2005年 08月 20日

風味絶佳 山田詠美

そこにあなたがいてくれるだけでいい



あんまりがんばるなよ、と紘は言った。おれの役に立ちたいなんて思わなくっていい。仕事を終えて、事務所の風呂場でシャワーを浴びている時、ああ、家では美々ちゃんが待っていてるんだなぁって思う。生きものが家にいるって、ほんと、なごむよ、だって!? 私って生きものなの? と憮然とすると、そうだ、と笑う。そして、耳許に口を付けて囁く。生きてて、一緒に飯食って、セックスして、寝る。それで充分。猫にも犬にも小鳥にも他の女にも出来ないことを、美々ちゃんは、おれにしているよ。
[PR]

by t_hollyhock | 2005-08-20 18:32 | 山田詠美
2005年 08月 11日

自殺 柳美里

1995年6月 河出書房新車より」出版の『柳美里の「自殺」に大幅加筆
1999年12月刊 文春文庫

世間を騒がせた著名人の死や、いじめによる死。
多くの具体例と自らの自殺未遂体験を通じ、作家・柳美里が高校生に問う”生きる意味”

自殺者は過去の囚われびとになっていると著者はいいます。未来に希望が持てなくて、死ぬことを選択する人も、不安の種は未来にではなく、過去の自分にあるのかもしれません。過去の自分を振り返って見て、このまま生きていても何ら良いことがないと思う。ですが、過去に囚われることをやめたら、未来の自分はこれまでの自分とは違うのだと、思えるのかもしれません。過去が、現在が、今後もずっと続く訳ではありませんから。



しかし、人間は現実と日常を拒み続けることはできません。

日常というものは、ある種の人間にとっては凶器のように自分を脅迫するものなんですね。私は日常というのは、非情なものだと思います。

言うまでもなくあらゆる価値は幻想に過ぎませんが、その幻想が壊れると生の根拠そのものが失われると思い込むのです。また価値は欲望によって支えられていますから、ただ生きているだけでは堪えられないほどの強い欲望を持っている人だと言えるでしょう。

ひとはその人生において幾度かの結末を迎え、その度に何事かを葬らなければいけません。自殺者は過去を埋葬できずに、過去にこころを奪われ、自滅した人なのかもしれません。自殺を試みる人は過去の何事かの囚われ人になっていると言えるのでしょうか。

私は死は彼岸にでなく、この世の内側にあると考えています。死が月世界より遠いところに在るはずがありません。死はひとの内部で生と共存し、ひとは生の道を歩きながら、自分でも気づかないうちに死の曲がり角を折れているのです。いずれにしろ、私はこう考えます。その人の生が美しければ、死も美しい。
[PR]

by t_hollyhock | 2005-08-11 09:57 | 柳美里
2005年 08月 09日

ウエハースの椅子 江國香織

2001年2月8日 角川春樹事務所刊
「俳句現代」1999年8月号から2000年9月号に連載されたもの

ウエハースの椅子は、私にとって幸福のイメージそのものだ。
目の前にあるのに-そして、椅子のくせに-、決して腰をおろせない。


この本はもう何年も前に一度読んだことがあります。その時とても感慨にふけった記憶があります。でも細部は忘れていたので、懐かしい気持で読みました。読み出してすぐに後悔しました。どうしてこの人は不倫の話ばかり書くのだろうと。
私は決して抜け出せることのできない暗闇の中にいるような気持になりました。物語の中で度々出てくる表現、「閉じ込められてしまった」。まさにそれです。終わりの無い果てしない物語。終わらせる為には死を選ぶしかない。それ程に追い詰められ、でも彼を愛している。この物語の主人公は幸福になることを諦めてしまっています。ウエハースの椅子だと諦観しています。私は幸福になることを諦めることができません。たとえウエハースの椅子だとしても、形あるものとして確かにそこに存在しているのです。



「道があると思うことがそもそも錯覚なのよ。人生は荒野なんだから」
「ヒースクリフ?」 妹は茶化す。
「そうよ。嵐が丘」
妹はそれについてしばらく考え、でも、と言った。
「でも、けもの道はあるのよ。みんなが通って自然についた、すこし歩きやすい道がちゃんとあるのよ」
私はつい微笑んでしまう。
「そうね」 と、こたえた。
でも、せっかくけものに生まれたのなら、自分でけもの道をつけたいと私は思う。

恋人は言う。
「ここにいなさい。ここ以上に正しい場所はないんだから。思いだして。逃げようとしないで」
私は、自分がそれを信じたいのか、抗いたいのか、わからなくて混乱する。恋人の肩は、芳しく、揺るぎがないように思える。きちんとついた筋肉の下に、美しい骨があることがわかる肩だ。
私は不安定になっているのだ、と、恋人は言う。そして背中をやさしくなでてくれながら、二人とも、もうここから逃げられないんだから、と、言う。
私はあやうくそれを信じそうになる。

私はまたここに帰ってきてしまった。私のいる場所に。いてもいいと言ってもらえる場所に。
[PR]

by t_hollyhock | 2005-08-09 20:56 | 江國香織
2005年 08月 09日

リーラ 神の庭の遊戯 玄侑宗久

2004年8月30日 新潮社刊

自殺した若い女性にかかわりあった六人、弟、その恋人、母、再婚した父、男ともだち、ストーカーだった男、などがそれぞれの視点から死者とのかかわりを語り、スパイラル状に自殺に至る経緯が明かされていきます。

神さまのリーラ。気晴らしとか、楽しみとか、たいていは「遊戯」って訳されるんだけど、
私たちが生きているのもリーラ。死ぬのもリーラ。


私が今ここでこうして悩んでいるのも、神さまの掌の上で戯れているようなものかもとしれないと思いました。自然の流れに身を任せれば、全てが収まる所に収まるのかもしれません。
いつもどうにもならないことで思い悩んでばかりいるので、もっと「のほほんとしなさい」と言われます。きっと、物事はなるようにしかならない、のでしょう。



落ちたまぶい(生きた体から抜けた魂)が、落ちて潜りながらあんまり良くない信号送るのよ。だから具合が悪くなる。リストカットする人なんかみんな半分くらいは魂が抜けてるのよ。

落ちた魂がまぶい。それは霊ではないの。神さまは霊ではないの。キリストとか弘法大師は霊よ。神さまっていうのは、地球のエネルギーそのものだと思うの。いわば自然体のエネルギー。

ほんとはもっと、「なんとなく」でうまくいくんじゃないかなぁ。植物が花の受粉みたいな大事業をミツバチとか蝶々に頼ってるってのも素敵だし、そんな大事なことを、いい加減なご縁に任せられるのも、リーラだよね。

人生って、きっともっと楽しいはずなんだと思うなぁ。
[PR]

by t_hollyhock | 2005-08-09 12:17 | その他
2005年 08月 06日

泳ぐのに、安全でも適切でもありません 江國香織

2002年3月10日 集英社刊
10編収録の書き下ろし短編集

いろんな生活、いろんな人生、いろんな人々。
とりどりで、不可解で。
愛だけには躊躇わない あるいは躊躇わなかった 女たちの物語になりました。
(あとがきより)

幸せの形って人それぞれ。
幸せか不幸かなんて、他人には決められない。
愛する人とただ一緒に居る、そのことの幸せさをかみしめました。



泳ぐのに、安全でも適切でもありません 
It's not safe or suitable for swim.
ふいに、いつかアメリカの田舎町を旅行していて見た、川べりの看板を思い出した。遊泳禁止の看板だろうが、正確には、それは禁止ではない。泳ぐのに、安全でも適切でもありません。
私たちみんなの人生に、立てておいてほしい看板ではないか。

うんお腹をすかせてきてね
「全部肉体になるといいな。裕也と食べるものは、全部きちんと肉体にしたい」
裕也があたしをまっすぐに見て、その目が鹿みたいに澄んでせつなげだったので、あたしには、あたしの言葉が裕也に通じたのだとわかる。
わずらわしいことは何も存在しなくなる。
あたしたち身体全部を使って食事をする。おなじもので肉体をつくり、それをたしかめるみたいに時々互いの身体に触れる。あたしたちはますます動物になる。

サマーブランケット
海辺の家は、私そのものみたいだ。窓も戸もあけっぱなしで、砂だらけで、ただじっと建っている。壊れるときまで、何年も何年も。

りんご追分
どうしてだかわからない。あたしの心臓が泣き始めた。号泣、と言ってもいいような泣き方だった。「りんご追分」がしみてしみて、早朝の公園で誰かが練習しているその「りんご追分」に、あたしは全身で捕まってしまった。
それは現実の音だった。
『ねじ』も勲さんも美樹もあの男も、架空のことみたいに遠かった。あたしの過去も記憶も智也とのたのしかった日々も、もうこの世のどこにもないものだった。
そこにあるのはただ公園と、朝と、「りんご追分」だけだった。清潔な空気と、それをふるわせるトランペットの音だけだった。
あたしの心臓は架空のもののために泣いていた。架空のものたちと、現実の智也と、現実のあたしのために。

うしなう
結局のところ、わたしたちはみんな喪失の過程を生きているのだ。貪欲に得ては、次々にうしなう。

ジェーン
「紘子は僕の女神だ」
向坂さんはときどきそんなことを言った。
「紘子のためなら、僕は地獄におちてもいい」
と。でも無論、私は地獄になどいきたくなかった。
向坂さんの長い長い愛撫は、私を官能ではなく、憐憫でみたした。
私は犬を飼っているみたいな気持になった。かあいい、かあいそうな、年をとってしまった犬。
たぶんなにもかもんが、すこしずつ狂い始めていたのだ。

動物園
「あんたたちのやりかたは、あたしにはわからない。とっても変だよ」
母はそう言うが、でも、人は誰だってどういうふうにかしてやっていかなくてはならないのではないか。

犬小屋
「ね、ここに来るとき庭のチューリップをみた?満開なの。チューリップってばかみたいな花ね。かわいそうになる」
だってほら、と言って郁子さんは可笑しそうにくつくつ笑う。
「日があたっているからってあんなにそっくり返って、くるったみたいに開ききちゃって」
濃く残るスパイスの匂いとゴロワーズの匂い、台所でお湯の沸く音。
「男の人が犬小屋で寝るからって、そんなに気を揉むことはないわ。チューリップみたいになっちゃうわよ。日なんてすぐに翳っちゃうんだから」
そう言って、郁子さんはまたくつくつ笑った。

十日間の死

愛しい人が、もうすぐここにやってくる
[PR]

by t_hollyhock | 2005-08-06 17:51 | 江國香織
2005年 08月 03日

雨と夢のあとに 柳美里

2005年4月10日 角川書店刊
初出
野性現代 2003年12月~2004年8月号
       2004年7・8月号
       2004年11月号~2005年4月号

ドラマ化されたのを見て興味を持った作品です。
少女の語り口が新鮮で、今までの柳美里さんの作品とは一風変わったものでした。
少女の真っ直ぐな強さ、信じる心を羨ましく思いました。
ハッピーエンドではないですが、温かいものが残る作品でした。
目に見えるものがこの世の全てではないというメッセージが伝わってきました。



わたし、ナイショ話って好きじゃない。お父さんはいつも、声に出して話すんなら、相手に伝わるようにはっきり話しなさいっていうし、ふたりだけの秘密だったらメールでやりとりしたほうがいいじゃん?だって声に出した時点で秘密じゃなくなっちゃうよ。ぜったいヒミツだよ、だれにもいっちゃダメだよってどんどん広がっていくんだもん、特に女の子の口は軽い軽い、チョー軽い。

わたし、車にはねられて死にかけた猫を見て、気持悪いって通り過ぎるひとより、かわいそうって通り過ぎるひとのほうがぜったい許せない。だって、関わるか、関わらないかでしょう?(中略)どっちもできないんなら、黙って通り過ぎるしかない。すべてに立ち止まることなんかできない。すべてに関わることなんかできない。でも、それは、とっても哀しいことだよ。かわいそうだなんていって、いいひとぶるヤツサイテー! ねぇ、お父さん、そういってたよね?かわいそうって言葉にはその対象に関わる覚悟も意志も感じられないって・・・

少女は青空を見あげた。
目に映るすべてのものが懐かしさを湛えて輝き、一秒一秒脈打ちはじめた。
少女は立っていた。
ここに在るものと、ここに無いもののただなかに、
知ることと、知らないことのただなかに、
少女はたったひとりで立っていた。
[PR]

by t_hollyhock | 2005-08-03 21:08 | 柳美里