言葉をさがして

thollyhock.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:山田詠美( 3 )


2005年 08月 20日

ぼくは勉強ができない 山田詠美

自分らしく生きたいと思えば、それがじぶんらしくいよういう演技を自分にさせているんだという気がしました。自分を自分として受け止めたいと思いました。



幸福に育って来た者は、何故、不幸を気取りたがるのだろうか。
不幸と比較しなくては、自分の幸福が確認出来ないなんて、
本当は見る目がないんじゃないのか。

ほらほら、悲しみは、おなかをいっぱいにしないわよ。
つまらないことで悩んでいると、ハンサムじゃなくなっちゃうから。

人が人を無責任な立場から裁くことなんて出来ないよ。
すべてに、丸をつけよ。とりあえずは、そこから始めるのだ。

石鹸の香織を漂わせようと目論む女より、
自分の好みの強い香水をつけている女の人の方が好きなんだ。

自然体ってう演技しているわよ。
自由をよしとしているのなんて、本当は自由ではないから。

皮剥き器で野菜を削った時のように、
ぼくのおかしな自意識も削り取ることが出来れば良いのに。

皮を剥いても剥いても野菜じゃ仕様がないわよ。
その内、人の視線を綺麗に受け止めることが出来る時期がきっと来る。
その時に、皮を剥く必要のない自分を知れれば素敵よ。
[PR]

by t_hollyhock | 2005-08-20 18:54 | 山田詠美
2005年 08月 20日

24.7 山田詠美

1992年3月 角川書店刊

1日に24時間、1週間に7日間。あなたと一緒にいたい24.7

人を想うことの素晴らしさをかみ締めました。




太陽があり、星があり、花が咲き、風はいつも思いやり深い。
そのこと以外に何が必要なんです。

品の良い人々はスタイルを持つ人間を決して見下したりはしないものだ。
背筋を伸ばした人間は嫌な目には遭わない。

私たちが相手を大切にするのは、むしろ、相手が自分の一部だと想っているからなのだ。自分の小指を誰もが大切に想うように、そして、誰もがその存在を忘れているように、私たちは愛し合っている。すると、小指の効用は想わぬ時に現れる。

人が人に対して出来ることって想っているより多くないと思う。自分が何かしてあげられるって思うのは、自分に対する過大評価なんじゃないかしら。あなたがしたいようにすることが、結局彼を喜ばせることになるのよ。

好きで入る気持をもらっているから、それだけで充分なのよ。
[PR]

by t_hollyhock | 2005-08-20 18:44 | 山田詠美
2005年 08月 20日

風味絶佳 山田詠美

そこにあなたがいてくれるだけでいい



あんまりがんばるなよ、と紘は言った。おれの役に立ちたいなんて思わなくっていい。仕事を終えて、事務所の風呂場でシャワーを浴びている時、ああ、家では美々ちゃんが待っていてるんだなぁって思う。生きものが家にいるって、ほんと、なごむよ、だって!? 私って生きものなの? と憮然とすると、そうだ、と笑う。そして、耳許に口を付けて囁く。生きてて、一緒に飯食って、セックスして、寝る。それで充分。猫にも犬にも小鳥にも他の女にも出来ないことを、美々ちゃんは、おれにしているよ。
[PR]

by t_hollyhock | 2005-08-20 18:32 | 山田詠美