言葉をさがして

thollyhock.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:柳美里( 2 )


2005年 08月 11日

自殺 柳美里

1995年6月 河出書房新車より」出版の『柳美里の「自殺」に大幅加筆
1999年12月刊 文春文庫

世間を騒がせた著名人の死や、いじめによる死。
多くの具体例と自らの自殺未遂体験を通じ、作家・柳美里が高校生に問う”生きる意味”

自殺者は過去の囚われびとになっていると著者はいいます。未来に希望が持てなくて、死ぬことを選択する人も、不安の種は未来にではなく、過去の自分にあるのかもしれません。過去の自分を振り返って見て、このまま生きていても何ら良いことがないと思う。ですが、過去に囚われることをやめたら、未来の自分はこれまでの自分とは違うのだと、思えるのかもしれません。過去が、現在が、今後もずっと続く訳ではありませんから。



しかし、人間は現実と日常を拒み続けることはできません。

日常というものは、ある種の人間にとっては凶器のように自分を脅迫するものなんですね。私は日常というのは、非情なものだと思います。

言うまでもなくあらゆる価値は幻想に過ぎませんが、その幻想が壊れると生の根拠そのものが失われると思い込むのです。また価値は欲望によって支えられていますから、ただ生きているだけでは堪えられないほどの強い欲望を持っている人だと言えるでしょう。

ひとはその人生において幾度かの結末を迎え、その度に何事かを葬らなければいけません。自殺者は過去を埋葬できずに、過去にこころを奪われ、自滅した人なのかもしれません。自殺を試みる人は過去の何事かの囚われ人になっていると言えるのでしょうか。

私は死は彼岸にでなく、この世の内側にあると考えています。死が月世界より遠いところに在るはずがありません。死はひとの内部で生と共存し、ひとは生の道を歩きながら、自分でも気づかないうちに死の曲がり角を折れているのです。いずれにしろ、私はこう考えます。その人の生が美しければ、死も美しい。
[PR]

by t_hollyhock | 2005-08-11 09:57 | 柳美里
2005年 08月 03日

雨と夢のあとに 柳美里

2005年4月10日 角川書店刊
初出
野性現代 2003年12月~2004年8月号
       2004年7・8月号
       2004年11月号~2005年4月号

ドラマ化されたのを見て興味を持った作品です。
少女の語り口が新鮮で、今までの柳美里さんの作品とは一風変わったものでした。
少女の真っ直ぐな強さ、信じる心を羨ましく思いました。
ハッピーエンドではないですが、温かいものが残る作品でした。
目に見えるものがこの世の全てではないというメッセージが伝わってきました。



わたし、ナイショ話って好きじゃない。お父さんはいつも、声に出して話すんなら、相手に伝わるようにはっきり話しなさいっていうし、ふたりだけの秘密だったらメールでやりとりしたほうがいいじゃん?だって声に出した時点で秘密じゃなくなっちゃうよ。ぜったいヒミツだよ、だれにもいっちゃダメだよってどんどん広がっていくんだもん、特に女の子の口は軽い軽い、チョー軽い。

わたし、車にはねられて死にかけた猫を見て、気持悪いって通り過ぎるひとより、かわいそうって通り過ぎるひとのほうがぜったい許せない。だって、関わるか、関わらないかでしょう?(中略)どっちもできないんなら、黙って通り過ぎるしかない。すべてに立ち止まることなんかできない。すべてに関わることなんかできない。でも、それは、とっても哀しいことだよ。かわいそうだなんていって、いいひとぶるヤツサイテー! ねぇ、お父さん、そういってたよね?かわいそうって言葉にはその対象に関わる覚悟も意志も感じられないって・・・

少女は青空を見あげた。
目に映るすべてのものが懐かしさを湛えて輝き、一秒一秒脈打ちはじめた。
少女は立っていた。
ここに在るものと、ここに無いもののただなかに、
知ることと、知らないことのただなかに、
少女はたったひとりで立っていた。
[PR]

by t_hollyhock | 2005-08-03 21:08 | 柳美里