言葉をさがして

thollyhock.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 09日

リーラ 神の庭の遊戯 玄侑宗久

2004年8月30日 新潮社刊

自殺した若い女性にかかわりあった六人、弟、その恋人、母、再婚した父、男ともだち、ストーカーだった男、などがそれぞれの視点から死者とのかかわりを語り、スパイラル状に自殺に至る経緯が明かされていきます。

神さまのリーラ。気晴らしとか、楽しみとか、たいていは「遊戯」って訳されるんだけど、
私たちが生きているのもリーラ。死ぬのもリーラ。


私が今ここでこうして悩んでいるのも、神さまの掌の上で戯れているようなものかもとしれないと思いました。自然の流れに身を任せれば、全てが収まる所に収まるのかもしれません。
いつもどうにもならないことで思い悩んでばかりいるので、もっと「のほほんとしなさい」と言われます。きっと、物事はなるようにしかならない、のでしょう。



落ちたまぶい(生きた体から抜けた魂)が、落ちて潜りながらあんまり良くない信号送るのよ。だから具合が悪くなる。リストカットする人なんかみんな半分くらいは魂が抜けてるのよ。

落ちた魂がまぶい。それは霊ではないの。神さまは霊ではないの。キリストとか弘法大師は霊よ。神さまっていうのは、地球のエネルギーそのものだと思うの。いわば自然体のエネルギー。

ほんとはもっと、「なんとなく」でうまくいくんじゃないかなぁ。植物が花の受粉みたいな大事業をミツバチとか蝶々に頼ってるってのも素敵だし、そんな大事なことを、いい加減なご縁に任せられるのも、リーラだよね。

人生って、きっともっと楽しいはずなんだと思うなぁ。
[PR]

by t_hollyhock | 2005-08-09 12:17 | その他


<< ウエハースの椅子 江國香織      泳ぐのに、安全でも適切でもあり... >>