言葉をさがして

thollyhock.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 06日

泳ぐのに、安全でも適切でもありません 江國香織

2002年3月10日 集英社刊
10編収録の書き下ろし短編集

いろんな生活、いろんな人生、いろんな人々。
とりどりで、不可解で。
愛だけには躊躇わない あるいは躊躇わなかった 女たちの物語になりました。
(あとがきより)

幸せの形って人それぞれ。
幸せか不幸かなんて、他人には決められない。
愛する人とただ一緒に居る、そのことの幸せさをかみしめました。



泳ぐのに、安全でも適切でもありません 
It's not safe or suitable for swim.
ふいに、いつかアメリカの田舎町を旅行していて見た、川べりの看板を思い出した。遊泳禁止の看板だろうが、正確には、それは禁止ではない。泳ぐのに、安全でも適切でもありません。
私たちみんなの人生に、立てておいてほしい看板ではないか。

うんお腹をすかせてきてね
「全部肉体になるといいな。裕也と食べるものは、全部きちんと肉体にしたい」
裕也があたしをまっすぐに見て、その目が鹿みたいに澄んでせつなげだったので、あたしには、あたしの言葉が裕也に通じたのだとわかる。
わずらわしいことは何も存在しなくなる。
あたしたち身体全部を使って食事をする。おなじもので肉体をつくり、それをたしかめるみたいに時々互いの身体に触れる。あたしたちはますます動物になる。

サマーブランケット
海辺の家は、私そのものみたいだ。窓も戸もあけっぱなしで、砂だらけで、ただじっと建っている。壊れるときまで、何年も何年も。

りんご追分
どうしてだかわからない。あたしの心臓が泣き始めた。号泣、と言ってもいいような泣き方だった。「りんご追分」がしみてしみて、早朝の公園で誰かが練習しているその「りんご追分」に、あたしは全身で捕まってしまった。
それは現実の音だった。
『ねじ』も勲さんも美樹もあの男も、架空のことみたいに遠かった。あたしの過去も記憶も智也とのたのしかった日々も、もうこの世のどこにもないものだった。
そこにあるのはただ公園と、朝と、「りんご追分」だけだった。清潔な空気と、それをふるわせるトランペットの音だけだった。
あたしの心臓は架空のもののために泣いていた。架空のものたちと、現実の智也と、現実のあたしのために。

うしなう
結局のところ、わたしたちはみんな喪失の過程を生きているのだ。貪欲に得ては、次々にうしなう。

ジェーン
「紘子は僕の女神だ」
向坂さんはときどきそんなことを言った。
「紘子のためなら、僕は地獄におちてもいい」
と。でも無論、私は地獄になどいきたくなかった。
向坂さんの長い長い愛撫は、私を官能ではなく、憐憫でみたした。
私は犬を飼っているみたいな気持になった。かあいい、かあいそうな、年をとってしまった犬。
たぶんなにもかもんが、すこしずつ狂い始めていたのだ。

動物園
「あんたたちのやりかたは、あたしにはわからない。とっても変だよ」
母はそう言うが、でも、人は誰だってどういうふうにかしてやっていかなくてはならないのではないか。

犬小屋
「ね、ここに来るとき庭のチューリップをみた?満開なの。チューリップってばかみたいな花ね。かわいそうになる」
だってほら、と言って郁子さんは可笑しそうにくつくつ笑う。
「日があたっているからってあんなにそっくり返って、くるったみたいに開ききちゃって」
濃く残るスパイスの匂いとゴロワーズの匂い、台所でお湯の沸く音。
「男の人が犬小屋で寝るからって、そんなに気を揉むことはないわ。チューリップみたいになっちゃうわよ。日なんてすぐに翳っちゃうんだから」
そう言って、郁子さんはまたくつくつ笑った。

十日間の死

愛しい人が、もうすぐここにやってくる
[PR]

by t_hollyhock | 2005-08-06 17:51 | 江國香織


<< リーラ 神の庭の遊戯 玄侑宗久      雨と夢のあとに 柳美里 >>